不動産の物件の利回り

不動産で投資をするために

トップ

不動産とネットの情報

新着情報

不動産はネット利回りが重要

マンションやアパートなどの投資用不動産の説明には、利回りが何%になるか記載されています。しかし、これは家賃収入を物件価格で割った数字に100を掛けた表面利回りと呼ばれるものなので、実際の利回りとは違います。実質的な利回りを計算するときは、家賃収入から管理費や固定資産税などの必要経費を引いた額を、物件価格と購入時の諸経費を足した額で割った数字に100を掛けます。これをネット利回りと呼びます。ネット利回りは、維持費のかけ方や物件の種類や状態などで毎年変わる可能性があります。そのため、不動産業者が物件の広告を出すときは、表面利回りを記載して購入者の参考になるようにしています。

不動産の楽しみ

ネット利回りで比較する

不動産を投資対象として見たときには、それが優れているのかどうかを判断するために利回りを用いますが、このときにはネット利回りを用いるのが良いと考えられます。これはどのようなものなのかというと、維持をするための経費などを差し引いて計算した利回りのことを指すのです。不動産を保有して経営していくためには様々なコストがかかります。これらのコストを考えずに計算した利回りでは、現実的な投資の利回りとかけ離れてしまう可能性があると言えるでしょう。そのために、物件としての収益性が優れているのかどうかを判断するためには、ネット利回りで比較するべきなのです。